www.fotocineclubforli.org

「スプレッド」とはFXは通貨ペアをトレードして利幅を得る投資です。売買の注文の値段は常に動いています。これが為替レートです。テレビのニュースをみていると、為替の話題が流れることがあります。よく見るのが「今のドルは80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという事ではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを言い表しています。すなわち、売買には買値と売値の2個の価格が存在している事を表しています。売値のことをビット、買値の事をアスクと示している取引会社も存在しています。普段は買値よりも売値のほうが低い値段になっています。実際に買値は高く、売値は安くなるはずです。その差額をスプレッドといい、FX業者の儲けのひとつとされています。スプレッドの広さはFX会社によって変わります。スプレッド幅はあなたにとって経費になるので、狭いFX会社を選んだほうが有利になります。ただし、同じFX会社でも状況によってスプレッドの狭さは拡大したり、縮小したりします。円とドルの組合せでわずか1銭のスプレッドの狭さだとしても、レートの上下がとても激しいケースでは3銭、4銭になったりします。という訳で、スプレッドが狭いのと共に変化しないということが大事です。近頃では固定でスプレッドの差を表示する取引会社も多く存在します。リアルに取引業者の売買画面内でリアルな相場を見なければ判別できないので面倒くさいですが必要不可欠な事です。貴重な投資資金を投じて売り買いしますので、取引の前に興味を持ったFX会社の取引するための口座開設を試して提示されているスプレッドを点検しましょう。同じ通貨でもそのタイミングの変動率によって通貨のスプレッドの広さは変化します。一般的には、インターバンクで売買高が多い通貨の組合せではスプレッドの幅が狭く、他の通貨ペアではスプレッドの幅が拡大するのが一般的です。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.fotocineclubforli.org All Rights Reserved.