www.fotocineclubforli.org

いよいよ仕かける時という場合では一番に事前対策をしなくてはいけません。売買を始める前であれば、起こる事を落ち着いて観察する事ができる余地があります。しかしながら、売買の内部に立ち入ってしまうとどうしても物の見方が独りよがりになってしまい、時にはしっかりとした見方が出来なくなる。不安があります。その分自身の考えが客観的なうちに、間違いない準備する事が大切です。この”準備”とは、はじめは自分の筋書きを作成する事から行います。今からの投資状況はこうだからこの外貨を勝負するというふうに、自分の筋書きを書いていきます。次に重要なのは日足チャートをチェックしよう。過去のマーケットの上下動をチェックして現在のチャートをチェックします。すると、「現時点ではひどく高い状況になっている」とか、そうでなければ「とっくにたくさんの方々が買い(あるいは売り)に動いているから今から急にエントリーしても手遅れだな」などと理解できます。もちろん今となっては売買するのがなすすべがないと思ったならばこの状況ではきっぱりと諦めることが大切です。どう試みても自分のストーリー展開を譲らずに強引にトレードすると相場に跳ね返されてしまいむしろ損をすることになる危険があります。もっともたいがいの場合準備が出来ている自分なりの筋書きを書いていればエントリーが遅いなということにはならないだろう。おそらく、実際に外国為替市場が変動する前の状況のはずです。続いては、差し当って自分自身が売買しようと思っている通貨ペアの変動を、注意深く確かめる事が大切です。仮にドル高になるはずだというストーリー展開を描いたのであればその通貨の推移に注意を払っておきます。市場の上下動を気をつけ始めたときではまだドル円は誰の眼にも明らかに上下動する素振りを見せないで、上下に細かい上下動をしているだけでしょう。でも、その変動をじっと気をつけていると、ある状況でゆっくりと円安の方向へと外国為替市場が変化し始めます。そこでやっと、ドルの取引します。普通、これだけ周到に事前準備をすれば、その注文で儲ける割合は相当高くなります。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.fotocineclubforli.org All Rights Reserved.