www.fotocineclubforli.org

週刊誌の広告、ゴシップ紙、繁華街に貼られた広告やDMなどで、「多重債務の整理いたします」「負債を一本化しませんか」などの売り言葉を読むことがしばしばです。こういうのは、「整理屋」「買取専門人」「紹介業者」と呼ばれている悪徳業者のおとり広告のときがあるということです。そういったものを利用した場合には破産申立の流れの中で一番重要な免責許諾を受けられなくなる恐れも存在します。「片付け屋」というのは、ダイレクトメールなどで借金のある人を引きつけ、代金を出させて整理を行うのですが結局のところ負債整頓は実行されずに、依頼者はもっと負債スパイラルにはまる結末が9割方と考えてください。「買取業」はクレジットカードで電気製品、旅行の利用チケットをいっぱい注文させて当人から買った物品を購入額の20%〜半額で買い上げるというやり方が主です。当人は一時は金が懐に入りますが、必ずカード会社からの購入物の全額の支払い要求がくることになり、本当は負債をアップさせることになります。この場合だとカード業者相手の詐欺とされてしまい免責がもらえなくなります。「紹介者」の場合は、大手サラリーマン金融から拒絶されるようになった債務者に関して直接の融資はしないで、融資をしてもらえる違う企業を呼んで、常識外のサービス料を要求する企業です。つなぎ屋は直接の手続きで融資可能になったかに解説しますが現実は何もしないまま、シンプルに審査の通りやすい会社を伝えているというだけです。この場合でも結局は借金を拡大させる結末となります。

リンクメニュー

コンテンツメニュー

Copyright © 2003 www.fotocineclubforli.org All Rights Reserved.