平均の買い付けコスト

一般的な初心者用のFXの情報では「損失を被った状況ではナンピンをすることによって、平均の買い付けコストを下げる」などと書かれていると思いますが実際にはそれはかなりの危険があると思います。メールレディ クレア

まずは、ナンピンの手法に関して簡単に記述しておきます。もっとすっきり生酵素 口コミ

仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。ケイ素サプリが血圧を下げる!

ドル買いだから、円安に動くほど利益が出ますが、思い通りに行かず95円まで円高・ドル安方向に向ったとします。自動給餌 キャットフード 対応 大きさ

この状況で維持し続けたとしたら損失が戻るためには円高になった分、円安に進む必要があります。http://changsomcom.com

誰もがみんな、損は早めに戻したいと考えるでしょう。踏み台ダイエットって何?ストレスなくダイエットしてみよう

この状況を打破するため最初に売買したのと同じだけのドルを1ドルを95円でエントリーします。レディースレイクは即日審査できる?審査時間は?【主婦必見!】

それで、ポジション全体のコストは97円50銭まで下げることができます言い換えると、2円50銭の幅で円安に推移すれば、赤字を失くすことが出来ます。http://xn--rck0azaf2o5b2cc1138k9nwawko76o.xyz/

こういったことがナンピンの手法です。

このとおり、ナンピン買いの手法を耳にすると、「まちがいない」という気分になるが為替相場は容易には上手くはいきません。

だいたい、1ドル=95円が底値だということなど、誰一人として分かるはずがありません。

相場がかなり強いドル安動向だとしたら、1ドル95円では止まることなく、より一層ドル安になる可能性は高くなります。

97円50銭でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル95円までドル安が速んだら、ナンピンしたポジションについても為替差損が生まれることになってしまいます。

そういう状況では初めに保有したポジションと一緒に、倍の損を被ることになる。

このように、ナンピン買いは厄介です。

それならば、外国為替市場が己の筋書きとは逆向きに向ってしまった場合、いかなる手段で危険をコントロールすればいいのでしょうか。

こういう場合には取るべき術は2つだけあります。

ひとつは潔くあきらめて、損切りをする事です。

もうひとつの手段としてはその時点で、あなたが持っている買いポジションを小さくする事で、改めて相場が回復するのをひたすら待ち望む事だけです。

かなり消極的な対策だと感じる方もいるkもしれません。

だけど、自分のポジションに損が出た時一番有効な対策はそれ以外にはないです。

当然、考え方としては、ナンピンするという考え方も有効です。

だけどナンピンは、自分自身が損をしているにもかかわらずポジションを小さくするどころか、買いポジションを積み増していく手段です。

この考え方では、リスクを管理することなど、どこをどうやってもやりようがないと思ったほうがいいです。

ナンピン買いを続けられればいずれは勝てるかもしれない。

だが、それより前に投資資金がマイナスになってしまいます。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.fotocineclubforli.org All Rights Reserved.