何もせずに様子をみるのが最善の策です

現実にノートパソコンのディスプレイの前に座りいつも変動している市場を眺めていると何やらトレードをしたいという感情が生まれる人も多いと思います。浮気調査

しかし、あやふやな思いで取引するのだけは絶対にしてはいけません。レバリズムl 最安値

ご存知の通り、外国為替市場は昼夜を問わずいずれかで為替相場はオープンしているし、為替相場も変動しています。1月 短期バイト

しかし、立て続けに取引をしているとそれだけ損失を被る危険性が上がります。ヘンプシードオイル効能

言うまでもなく、トレードの数を経験することによってじょじょに稼げる可能性が50%、50%になるのは事実。

でもその事は「なんだか分からない思いつきで取引」とは話が違います。

売買回数を増やす意味というのは、あなたが「ここがチャンス」と考え付いた自信を持った場面での取引回数を積むという事を意味します。

何となく、絶え間なく取引を繰り返すのとははっきりと違う。

マーケットの戦いに勝つためには、己でよく考えてけじめをつけることこそが大事です。

「ここで勝負」と思った市場の時にはいっそポジションを多くして、思い切り利益を追い求めます。

「少し分からない外国為替相場で、どうなるか予想できないな」と感じた時は、潔くポジションを全部見切りをつけて何もせず静観します。

それぐらいのメリハリをつける方が、結果的にはトレードはうまくいくものだ。

相場の金言には「休むも相場」というものがあります。

文字通り言葉どおりだと感じます。

取引とは、常時ポジションを所有する事がすべてではなくポジションを所有せず何もしないことも事態によっては、取引です。

じゃあ、いつ、休む必要があるのでしょうか。

ひとつは、先述の通り、これからの市場が曖昧で見通しがきかない時ですこれからどうなるのか見通せない時は考え無しで行動すると、自分の考えたシナリオとは逆にマーケットが動いてしまい、損する事になってしまいます。

そうした時はポジションを整理して、何もせずに様子をみるのが最善の策です。

ふたつめは、自分の体の状態が思わしくない時です。

体の具合と相場に関係しないと思う方もいるでしょうが現実には大きく関係があります。

体の調子が悪い時は外国為替市場の大少な局面で正確な決断が出来ない場合が多くなります。

やる気がわかない時は市場から距離を置くことも必要な事です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.fotocineclubforli.org All Rights Reserved.