例をあげれば古いタイプのお店のときに

加盟店舗で全ての保有カードが使用できるわけではない▼クレカの加盟店は一般的にはたくさんのクレジットカードサービスに加盟していますがいかんせん全ての店舗でどれもの種類の所有クレジットカードが使用可能なわけではありません。

例をあげれば古いタイプのお店のときにはJCBのマークの付いているそのカードしか使用不可な場面もあるし最近の契約店の場合だとビザやマスターの名前のやつのみしか使用できない場面もあります。

ディスカバーカードのようなクレカ会社ならば増して使用できない商店が増えるでしょう。

どのブランドの所有カードが使用可能かというのをどうやって見たらいいものか「ならどのような方法でどのブランドのクレカが切れるかを見たらいいんだろう?」というと、ちゃんと判断するとしたら店舗の従業員にお見せしてみるしかないというのが残念だけどその回答です。

だがおおよそのお店やレストランには加入店の目につきやすいところに使用可能なクレカの案内がプリントされた加盟シールが貼られているため、「ああそこのお店ではライフカードが切れるのだな」ということが迷わないようになっているので確認しておいてもらえると思います。

というものの、きっちりと確認が行き届いていないショップで決済する場合には、ロゴシールが貼られているお店でも「今は何々クレジットカードはご使用いただけません」といった回答をもらってしまうなどということもないといえなくもなくあたふたしてしまうこともあるでしょう。

そこで、可能な限り全ての加盟店舗でカードが決済できるようにしようとすると、異種のロゴ(海外ブランド)がはいった一般的なビザカードMasterCard、JCB、アメックス、といったクレカを2枚以上は携帯するようにしたほうがいいでしょう(例えば:JCBを契約しているならもう一枚はMasterCard契約のクレジットカードを契約するなど)。

もっぱら国内においてはVISA、MasterCard、JCBの3つの契約が書いてあるクレカをその都度所持していればすべての加入店舗でいずれかのカードを提示することが可能です。

クレジットカードを契約して効率的にキャッシュレス生活を続けていくには確実に上記のクレジットカードを使えるようにしておいていただくことをお勧めします。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.fotocineclubforli.org All Rights Reserved.