したとしても1ドル95円までドル安になったら

一般的なはじめたばかりの人向けのFX取引の書籍では、「損失が生じた場面ではナンピン買いによってポジション全体のコストを低くする」などと書かれている事もありますが現実的にはそれは大きな隠れたリスクがあります。

まずは、ナンピン買いの方法に関して記述しておきます。

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。

ドル買いということで、円安になれば利益が大きくなるわけですが、逆に1ドルが95円まで円高ドル安方向に進んだとします。

この状態で維持し続けたとしたら、損失が戻るためには、マイナス分ドル高が進まなければならない。

誰もが、マイナスは早めに取り戻したい願うだろう。

これを解決するため最初にエントリーしたのと同額の$(ドル)を1ドル=95円で買い増します。

そうすると、ポジションの買い付け単価は97円50銭まで下げることができますつまり、2円50銭の幅で円安に向えば損を回復できます。

これが、ナンピン買いの手法です。

このように、ナンピンのやり方をみると「なるほど」と考えるが、容易には上手くはいきません。

そもそも、1ドル95円が底値だということなど、誰も分かるわけがありません。

もし、外国為替市場が相当の円高傾向だとすると1ドル95円では収まることなく、さらにドル安が進む確率が高くなります。

ひとつの例として、97.50円でナンピン買いをしたとしても1ドル95円までドル安になったら、ナンピン買いした分にも、損失が生じます。

その状態では、最初に取引したドルと合計でマイナスが生まれます。

それゆえ、ナンピン買いは大変です。

では、為替が自分自身の筋書きとは反対の方向にさっさと向ってしまった場合どのような方法で危険性を避ければいいのでしょうか。

この場面では選べる方法は2つしかありません。

ひとつは執着しないで損失を確定する事です。

もうひとつの手段としてはその段階で、自分が所持している買いポジションを小さくする事で再び為替が回復するのを動かないで待ち望むことです。

だいぶ主体性のないやり方だとみる方もいると思います。

しかしながら、自分が所有しているポジションに損が出た時一番適切なやり方はこれよりいいものはありえません。

無論、ロジックのうえでは、ナンピンするという手段も効果的です。

しかしながらナンピン買いは自分自身が損失を披っている状態で、ポジションを減少させるどころか、反対に買いポジションを重ねていく方法である。

この考え方では、危険性を削減することなど、どう頑張っても無理だと思ったほうがいいです。

ナンピンをし続けられればいつかは利益を上げられるかもしれません。

しかし、そうなる前にお金が無くなってしまいます。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.fotocineclubforli.org All Rights Reserved.